真田広之の若い頃から現在がバカかっこいいまとめ。

現在日本だけではなく世界各地でグローバルな活躍をする人気俳優、真田広之。ジャパンアクションクラブ初期からのメンバーで、後に入部してきた堤真一は、真田広之の付き人を務めていました。

 

彼の若い頃、デビューから最近までの情報についてまとめてみました。

 

真田広之の若い頃/出生・生い立ち・出身学校

( https://koimousagi.com/17083.html より引用)

 

真田広之は1960年(昭和35年)10月12日、東京都品川区で生まれました。その頃、同じマンションにスター俳優の高田浩吉さんが住んでいました。

 

彼の子供と幼い時から親しかった真田広之は芸能事務所にスカウトを受け、キッズモデルとして活躍しました。5歳頃、劇団ひまわりに入り、1966年には千葉真一の主演映画に出演、本格的に芸能デビューしました。

 

11歳の時には、お父さんを癌で亡くしました。出身小学校はわかりませんでしたが、出身高校は、堀越高等学校、大学は日本大学藝術学部を卒業しています。

 

子役時代がかわいい!「水戸黄門」に出演!

( https://twitter.com/uron45102/status/828137546785787904 より引用)

 

子役時代の真田広之は伝説的TVドラマ水戸黄門にも出演していた経験があります。彼が演じる少年は渡哲也扮する渡世人と共に行動する謎の多い少年役でした。

 

当時は非常に豪華なキャスティングとなっていました。

 

中学1年生で千葉真一主宰のJAC(ジャパンアクションクラブ)に入る

( https://ham-ichi.at.webry.info/201611/article_15.html より引用)

 

中学生になった真田広之は千葉真一が主催していたJAC(ジャパンアクションクラブ)に入門しました。彼が14歳の時に撮影された1973年制作『直撃! 地獄拳』の中で主人公の子供時代を演じ、大きな話題を集めました。

 

しかしその後、千葉真一から「高校に入るなら学業に打ち込まないとダメだ」と提言を受け、学業に打ち込んだそうです。高校時代は役者としての活動を休止していましたが、卒業以降は映画やドラマに出演し役者として成功してゆきました。

 

実は歌手だった!?

( https://www.snowrecords.jp/?pid=101090862 より引用)

 

真田広之ですが、実は複数のCDを出していて歌手としての活動もしていました。ほとんどの場合、出演映画にあわせて発表した曲だそうですが、CMソングも歌っていたことがあります。

 

歌も歌ってアクションもできる、正にスターですね。

 

出演作品

(https://style.nikkei.comより引用)

 

真田広之は多くの映画やドラマに出演しています。そしてハリウッド映画や海外の映画にも出演しています。国際色豊かな彼の出演作ついて調べてみました。

 

(9歳)子供時代が可愛い!水戸黄門

(https://twitter.com/soraokakereba/status/1184840327305125888 より引用)

 

1969年、真田広之はTV時代劇水戸黄門に出演しています。当時は9歳で芸名も下沢広之という名前でした、この頃から共演者に恵まれていて、渡哲哉さんと共演をしていました。

 

23歳)里見八犬伝

( https://myunpyon.exblog.jp/9772143/ より引用)

1983年公開の「里見八犬伝」では主人公の犬江親兵衛を演じています。真田広之といえばこの作品が印象深いというファンも多くいるようです。

 

相手役は薬師丸ひろ子が演じていました。監督は後に「バトルロワイアル」を製作して話題になった深作欣二でした。

 

23歳)ウェストサイドストーリー

https://twitter.com/2x9x9/status/1094860794494312449 より引用)

 

1983年放送の「今夜は最高」というバラエティTVの中で名作ウエストサイドストーリーを西城秀樹と再現していました。撮影の中で西城秀貴とはかなり意気投合をしたそうです。

 

24歳)超電子バイオマン

( http://homegrown.jugem.cc/?eid=1193 より引用)

 

1985年放送のスーパー戦隊シリーズ「超電子バイオマン」にゲスト出演したことがあります。役柄は二代目イエローの元上司で、共にオリンピックを目指した仲という設定でした。

 

他のメンバーと取っ組み合いの大立ち回りを見せるシーンもありました。

 

33歳)高校教師

この投稿をInstagramで見る

 

高校教師−永遠の眠りの中で−END #hiroyukisanada #真田広之 #桜井幸子 #高校教師 #高校教師1993 #koukoukyoushi

@ uuu_son5piがシェアした投稿 -


 

1993年制作で社会現象になった「高校教師」では生徒に恋してしまったことで禁断の愛に溺れていく高校教師を演じています。

 

当時、大きな社会現象を起こすほどの作品になり、2003年には続編が作られるほどの人気ドラマになりました。他には京本政樹や赤井英和が共演をしていました。

 

34歳)ヤクルト選手を演じる「ヒーローインタビュー」

( https://middle-edge.jp/articles/20QXg より引用)

 

1994年制作「ヒーローインタビュー」ではヤクルトの2軍選手を演じ話題を集めました。

 

90年代、当時ヤクルトは東京ではおしゃれな球団というイメージが強く、またフジテレビがヤクルトに出資していたこともありこの映画の企画が立ち上がったそうです。

 

38歳)リング

( https://middle-edge.jp/articles/CEmii?page=3 より引用)

1998年制作のホラー映画「リング」

 

呪いのビデオを観てしまった主演の元妻と息子を救うために奮闘する講師で超能力者の男性を演じて、映画は国内外で大ヒットを記録、その後ハリウッドでリメイクをされ、これもまた大ヒットしました。

 

この映画のヒットをきっかけに“Jホラー”と言われる日本独自のホラーがブームとなりました。原作の主人公は男性でしたが、女性の松島奈々子さんが主演して原作とはまた違ったドラマを生み出すことに成功していました。

 

  (39) 海外での舞台経験「リア王」シェイクスピアの劇を全編英語で演じる

( http://www.news-digest.co.uk/news/features/15741-yukio-ninagawa.html より引用)

 

1999年~2000年にかけて世界的な舞台演出家、蜷川幸雄氏によるロイヤル・シェイクスピア・カンパニー劇団の「リア王」に出演。

 

この劇では王様に仕える道化役を演じ高い評価を受けました。

 

このリア王で演じた道化というキャラは孤独な王様であったリア王にとって数少ない友人といえるキャラクターで、王様の本音を聞ける数少ない存在でありました。

 

42歳)たそがれ清兵衛

https://twitter.com/hyeongdo_Ji/status/1042992901540597760より引用)

 

2002年公開の時代劇映画「たそがれ清兵衛」では生活苦に悩みながらも家族の為に藩の上司に頼まれた上意討ちを果たすと言う、難しい内面を演じ、高い評価を受けました。

 

 

アメリカ、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされ、日本アカデミー賞でも多く受賞するなど、国内外でも注目を受けました。

 

これがきっかけで真田広之は多くのハリウッド映画にでる事になりました。

 

43 歳)ラストサムライ

( https://twitter.com/warnerjp/status/918393328831365120 より引用)

2003年公開の日米合作映画「ラストサムライ」で主演トム・クルーズと対立しつつも後に和解して友人となる侍を演じています。

 

その数々のアクションシーン、殺陣のキレ良さは主演トム・クルーズをも嫉妬させました。

 

トム・クルーズから「彼のシーンをもう少し減らしてくれ」とプロデューサー側に苦言したのではないかという都市伝説が有ったほどです。

 

 

彼以外にも、渡辺謙がハリウッド映画に多く出演するきっかけになった作品の一つでもあります。この作品以降、真田広之の活躍の中心はハリウッドになっていきました。

 

 基本的にはシリアスな映画ですが、突然忍者軍団が屋敷を襲撃したり、明治時代の話なのに戦国時代の合戦用の鎧を装着したりと時代考証を無視したような荒唐無稽なシーンも多少ありました。

 

44歳)名優ジャッキーチェンと共演!「ラッシュアワー3

(https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00008496U より引用)

 

2007年製作「ラッシュアワー3」では世界的スター“ジャッキー・チェン”と共演しました。

 

彼が演じる役はジャッキー・チェン演じるリー捜査官の幼馴染でかつて同じ養護施設で兄弟のように育った親友です。今は国際的なマフィア組織の幹部のケンジ役でした。

 

 

映画の終盤ではジャッキー・チェンと一騎打ちを演じるシーンがありました。他にも日本人女優工藤夕貴が悪役で出演していて、国際色豊かなキャスティングが楽しめる映画になっています。

 

49歳)【同性愛】アンソニーポンプキンスと恋人役!「最終目的地」

( https://twitter.com/matagidog/status/730398058576404480 より引用)

 

2009年制作「最終目的地」では「羊たちの沈黙」のレクター博士で有名な“アンソニー・ホプキンス”と同性愛カップル役で出演していました。

 

 

原作ではタイ人ですが、監督が真田広之のファンだったので彼にオファー出すために日本人に変更したそうです。

 

53歳)ヒュー・ジャックマンと共演!「ウルヴァリン:SAMURAI

( https://www.amazon.co.jp より引用)

 

世界的で最も売れたコミックシリーズの一つ「X-MEN」。

 

2013年公開、この映画化作品「ウルヴァリン:SAMURAI」では日本社会で大きな影響力を持つヤクザの矢志田信玄を演じていました。

 

 

しかし、アメリカ人特有の暴力団と侍と忍者の区別がついていない荒唐無稽な設定や原爆被害に対してあまりにも軽くみた描写などから不評が多く映画の評判はよくありませんでした。

 

53歳)レイルウェイ 運命の旅路

( https://twitter.com/fwgd2173/status/521112938300461056 より引用)

 

2013年制作「レイルウェイ 運命の旅路」

 

本映画は実際に存在した永瀬隆と言う日本軍通訳の男性を演じていました。

 

 

話は第二次大戦時中、日本軍に捕虜として捕まり、拷問を受けたことを恨んでいるイギリス人が、日本軍の生き残りに復讐しようとするという内容でかなり重い映画です。

 

57歳)SFスリラー映画「ライフ」

( https://twitter.com/slantsense/status/885712415823872000 より引用)

 

2017年制作のホラー映画「ライフ」では宇宙怪獣に殺害されてしまうエンジニアを演じています。

 

 

火星で発見された地球外生命体が実はとんでもなく残虐な生き物で、人間を凌駕する知性と無敵の生命力で宇宙飛行士達を11人殺していくという内容でした。

 

映画の内容もかなり殺伐とした物で、後味が悪いと言う評価が多く見受けられました。

 

真田広之は真っ先に殺される役で、このように体裁の悪い役も演じられると言う事は、ある意味彼の才能が評価されていたからかもしれません。

 

58歳)ウエストワールド

( https://happyeiga.com/tv-drama-review-of-westworld-2 より引用)

 

2018年放送のアメリカのSFスリラーテレビドラマ「ウエストワールド シーズン2」では江戸時代の日本を参考にしたテーマパークのアンドロイドを演じています。

 

名前はムサシで将軍に仕える浪人という設定。見た目は人間と変わりませんがその中身はアンドロイドという設定です。

 

 

原作はジュラシックパークを書いたマイケル・クライトンです。

 

59歳)アベンジャーズエンドゲーム

( https://nikkan-spa.jp/1571695 より引用)

 

2019年公開、アベンジャーズエンドゲームにゲスト出演しています。

映画では家族を失った事で暴走したヒーローに理不尽な理由で子分と共に皆殺しにされるヤクザ役した。

 

 

清々しいまでの陳腐な端役ぶりを称賛するファンも居ますが、もう少し剣術やアクションを観たかったという声も多くありました。

 

59歳)キアヌ・リーブスと共演!「ジョン・ウィック3」

( https://filmarks.com/movies/76273 より引用)

2019年10月公開のキアヌ・リーヴス主演「ジョン・ウィック」シリーズ3作目「ジョンウィック:パラベラム」

 

真田広之は、千葉真一の大ファンで知られるキアヌ・リーブスの推薦もあり、敵役である暗殺者集団のボスのオファーを受けていました。

 

しかし不運にも手に怪我をしていてオファーを辞退していたことが明らかになりました。

 

 

実現していたら、キアヌ・リーブスvs真田広之という異種格闘技戦がみられていたかもしれません

 

61歳)実写映画版「モータルコンバット」でスコーピオン役

この投稿をInstagramで見る

 

#hiroyukisanada #mortalkombat #scorpion #hanzohasashi 📹🎞️📽️ ♏ 🇯🇵

Hiroyuki Sanada Fans(@sanadasan_fans)がシェアした投稿 -

 

2021年公開が予定されている大人気格闘ゲームをベースにした映画「モータルコンバット」では復讐に燃える忍者のスコーピオン役が内定しています。

 

日本人には少し疑問が生じるようなトンデモ世界のトンデモ忍者ですが、キャラ設定はハードです。サブゼロと呼ばれる別組織の忍者に一家皆殺しにされて復讐に狂った悲しいキャラクターとして人気があります。

 

ちなみに別のキャラで浅野忠信さんも共演が決まっていて、多くの注目が寄せられています。

 

(現在)海外の反応

 

海外でも真田広之のファンは多く、彼をかたどったタトゥーをいれるほどのファンがいる人気者になっています。

 

このファンの方がいれているタトゥーはドラマ「ウエストワールド」に出てくるムサシをモデルにしたタトゥーだと思われます。

 

まとめ

 

今回の情報をまとめると以下のようになります。

 

  • 真田広之は1960年に東京都品川区で生まれた。
  • 中学生のころに千葉真一主宰のJAC(ジャパンアクションクラブ)に入った。
  • 伝説のテレビ時代劇「水戸黄門」にも出演。
  • 高校卒業後、本格的に俳優業に従事。
  • 実はCDもリリース、歌手としても活動していた。
  • ラストサムライ以降はハリウッドで大活躍をしている。
  • 次回作はゲームの映画化作品で人気キャラを演じることが決まっている。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事