今回は女性政治家の野田聖子さんの夫についてです。野田さんの韓国人!?会津小鉄会暴力団元幹部!?その夫のヤバい前科/経歴/職業などを調査してまとめました。

スポンサーリンク

野田聖子の夫野田文信(旧姓:木村)は在日韓国人で本名は"金文信"という噂も…

 

野田聖子さんは現在衆議院議員で、衆議院では初となる予算委員長に就任しています。そんな野田さんは今まで、郵政大臣、内閣府特命担当大臣、消費者行政担当大臣等多くのポストで活躍していましたが、2011年1月1日に木村文信さんと結婚しました。木村文信さんは現在は野田姓を名乗っています。

 

野田さんの結婚は2回目で、1回目は2001年に当時参議院議員だった鶴保庸介さんと事実婚をしていますが2007年には離別しています。

 

野田さんの2回目の結婚相手である木村文信さんは在日韓国人で、本名は「金文信」ではないかと噂がありましたが、この噂は本当のようです。

 

詳細は後述しますが、野田聖子さんの夫木村文信さんは2014年に今でも世間をにぎわす「文春砲」をくらい逮捕されていたことが明らかとなりました。その過程で木村文信さんが在日韓国人で、本名が「金文信」であることがわかりました。

 

どうやら野田聖子さんはこの件について何らコメントをしておらず、野田さんも夫の過去の逮捕については済んだことと考えているようです。

 

最近では政治家のスキャンダルが多いですが、野田さんのスキャンダルは異例でしたね。在日韓国人と結婚してはいけないなんてことはありませんが、国を代表している政治家としては印象が良くないですね。

 

韓国料理店を経営!結婚を機に閉店、理由は息子真輝(まさき)君と義母の介護。

 

野田さんの夫は結婚前は韓国料理店を経営していたようです。そもそも野田さんと木村さんの出会いがこのお店であったそうです。

 

野田さんが大阪にある木村さんの店を訪れ、そこで木村さんの仕草に一目惚れし4年間の遠距離恋愛をしてから結婚したようです。事実婚状態であった2人の間に子供ができて結婚をしました。

 

木村さんはこの結婚を機に店を閉店させて、専業主夫となりました。専業主夫となった理由は授かった子供と義母の介護のためのようです。

 

息子真輝君について

 

野田さんの子供は真輝(まさき)という男の子で、2011年11月6日に生まれました。真輝君は生まれたときから重い障害を患っており、手術を繰り返していたようです。

 

真輝君は他の病気も併発し、

 

  • 心臓疾患
  • 臍帯(さいたい)ヘルニア
  • 食堂閉鎖症
  • 脳梗塞

 

を患っているようです。そもそも野田さんは10年不妊治療をしている子供ができにくい体質だったようで、2010年にアメリカで卵子の提供を受けて体外受精を実施する人工授精を行ったようです。

 

野田さんは妊娠したものの子供には重い障害があり、野田さん自身も子宮の摘出が余儀なくされたようです。子供に重い障害があるため介護が必要となりますが、政治家である野田さんは介護に回れないため夫である木村さんが仕事をやめ専業主夫となったようです。

 

自身店を閉店させ、婿養子となり専業主夫となる木村さんはかなり大変な思いをしたんだと思います。なかなかできることではありませんね。

 

収入の面からなのか、政治家としてなのか野田さんが仕事をやめ、介護に回るといった考えはなかったように思えますね、、、、

 

~余談~

 

野田さんは過去に鶴保さんとの事実婚がありましたが、事実婚だった理由は野田さん自身「野田」姓を残したいという気持ちが強かったみたいです。真輝君の出産も不妊であったことに加え、高齢出産でしたし、野田姓を残したいがために起こした行動なのでしょうか。

 

野田さんの旧姓は島聖子でした。24歳の時に国会議員であった祖父の養子となり野田姓を名乗ることとなり、その後27歳の時に岐阜県議会議員選挙に立候補して史上最年少で当選したようです。

 

選挙で祖父の国会議員の肩書を利用したかは今となってはわかりませんが、選挙には使えそうな肩書ですよね。さらに野田さんの父親は島家に跡取りがいないことから、島家の養子となった経緯があったようです。

 

名家にはよくあることなのかわかりませんが、跡取りのために子供をいろんなところへ養子とするのでしょうか。野田聖子さんも女性として子供を産みたいという想いもあるでしょうが、この跡取りの話を聞くと野田姓を残したいだけのなのかと思ってしまいますね。

 

野田さんに子供が生まれましたが重い障害を患っているため、跡取りのためにまた別のとこから養子をもらうかもしれませんね。

 

義母について

 

野田聖子さんは2010年に自身が住んでいたマンションの隣室に母親呼び寄せ隣同士で暮らしているようです。しかし、野田さんの母親は「老人性うつ」の症状がでているようです。

 

老人性うつとは65歳以上がなったうつ病の総称で、認知症と間違われることが多いそうです。おもな症状は、身体的不調や妄想、不安などといった症状があり、重症化すると自ら命を絶つこともあるそうです。

 

野田さん自身現在58歳で、その母親も結構いい年ですのでうつ病に加え高齢で介護が必要となるでしょう。専業主婦となった木村さんは義母の介護と息子の介護で大変だと思いますが頑張ってほしいですね。

 

スポンサーリンク

野田聖子の夫の黒すぎる経歴と文春の内容:【ヤ〇ザ】会津小鉄会暴〇団の元幹部!?

 

先に野田聖子さんの夫には逮捕された経歴があることに触れましたが、2017年9月21日の文春砲で逮捕ほかに木村文信さんは過去に会津小鉄会昌山組という暴〇団の元幹部だったことが明らかとなりました。

 

会津小鉄会とは京都府京都市下京区に本部を置く指定暴力団で、昌山組は会津小鉄会の二次団体だったようです。現在の傘下団体は二代目誠仁会、四代目宮川会、四代目寺村組、吉川組、三代目倉富組、三代目小若会、いろは会等です。

 

最近のニュースでは

 

  • 2018年5月19日に会津小鉄会組長金元こと金子利典が京都府内の路上で何者かに催涙スプレーをかけられ、鉄パイプで殴られる組同士の抗争と思われる事件が発生した。
  • 2018年10月に京都府内の飲食店からみかじめ料名目で現金を脅し取ったとして、会津小鉄会組長金元こと金子利典以下7名が逮捕された。

 

がありました。ニュースを聞くとやはり暴〇団は怖いですね。

 

木村さんはこの暴〇団の傘下団体の元幹部だったようですが、昌山組は2000年2月に起こった内部紛争により、衰退していく感じで同年3月に解散したそうです。

 

内部紛争時にはすでに木村さんは組を抜けていたという情報がありますがこの辺りはわかりませんね。組を抜けた理由もわかっていません。

 

木村さんも同様のことをやっていたのではないかと考えると、人として怖いですし、政治家の夫としても怖いですね。

 

世間の反応

 

この件についてネット上では賛否両論でした。

 

「さっさと野田は辞職しろ」
「マジなら総理の目は消えたなぁ」
「総裁選すらもうムリだね」

 

といった問題視する反応や

 

「なにが問題なの」
「さすがに足洗ってるならええやろ」
「元だからどうでもいいだろ」
「元暴力団だろうが外国人だろうが本人じゃないんだから」

 

と擁護する反応もありました。

 

確かに政治家の夫が元暴力団員というのは日本の政治において不安に思うこともありますが、本人ではないし政治には影響がないとも思います。双方の気持ちがわかりますね。

 

府警や会津小鉄会関係者も認める

 

木村さんの元暴〇団員だったことはなんと、京都府警会津小鉄会の関係者も認めているという話がありました。

 

しかし、その情報源はわかりません。ネット上には文春が警察関係者に取材したところ会津小鉄会昌山組の幹部であったことが明らかとなり、また暴〇団対策法が施工された1992年当時、木村文信が昌山組に所属していた文章が残っているらしいです。

 

警察が週刊誌の取材に対し、そのような情報を漏らすことは考えにくいと思います。会津小鉄会関係者とはどのような方かもわかっていませんし、この情報について信ぴょう性がないと思います。

 

野田聖子さんは夫の元暴〇団員報道について、文春に取材に対しノーコメントであったようなので元暴力団でだったことは真実であると思います。

 

政治家の夫が元暴〇団なんて報道は、政治家活動に影響するので違うのであれば否定するはずです。しかし否定しないということは真実であり否定ができないし、肯定すれば活動に影響が出てしまうためにノーコメントなのでしょうね。

 

野田聖子の夫は前科2犯!?

 

野田聖子さんの夫には逮捕歴が2件ある前科2犯であることも週刊文春の文春砲により明らかとなりました。

 

1件目は私文書偽造罪」で、木村さんが車を運転していた際に警察官から交通取締り受けて、兄の名前を語ったそうです。それが兄の運転免許証の更新の際に発覚し訴えられて起訴されました。

 

2件目は有線電気通信法違反」で、木村さんは暴力団脱退後いくつかの事業を行っていましたが、その際にアダルトサイトの運営をしていた際に80万件もの営利目的のスパムメールを不特定多数の携帯電話に送り、インターネットサービス「なな☆メール」のサーバーに大きな負荷をかけ通信障害を起こしました。

 

この件で業務妨害の疑いで摘発されたようですが、どうやら不正にドメインを取得しての犯罪でより刑罰が重い違反により起訴されています。

 

野田さんはこの件について

 

「すべて処分を受けて、きちんと解決、済んだことなので」「出会う前の話ですし」

 

とコメントしていました。

 

暴力団で想像した犯罪経歴ではありませんでしたね。暴行や傷害や覚せい剤だと思っていましたが、ただやってることは犯罪者そのものですね。

 

野田聖子の夫の現在の職業は?

 

先ほども記載しましたが、野田聖子さんの夫木村文信さんは現在専業主夫のようです。障害のある息子とうつ病の義母の介護をしているようです。

 

時期はわかりませんが、ネット上には親友の会社「リプート」の関連会社「ヴァティックス」の監査役に就任したという情報もある。その報酬は野田聖子さんのパーティ券を購入することで月に15万円が支払われているそうです。

 

野田聖子さんは現役バリバリの政治家ですので収入は問題ないと思います。木村さん元々は事業を起こしたり、韓国料理店のオーナーだったりした経歴があるので資産はたくさんあるのかもしれませんね。

 

今は息子さんや義母のため、野田聖子さんのために主夫として頑張ってほしいですね。

 

ハワイに1億5878万円の豪邸を所有!?

 

木村さんはハワイ・ホノルルにある高級マンションを購入していることが発覚したようです。このマンションは2016年の夏季にできたばかりで価格は1億5878万円とのことです。マンションは「リッツ・カールトンレジデンス・ワイキキビーチ」という高級マンションの外見は上の画像です。

 

これは2017年の新閣僚資産公開で発覚したようです。週刊文春がハワイ州の行政機関から登記を確認しているようなので間違はありません。

 

マンションと言ってもホテル・コンドミニアムといった自身の別宅であるほか使用しないときはホテルの客室のような場所として利用料を得るものだそうです。

 

ここで気になるのがなぜそのような購入できる莫大な資産があったのかである。

 

過去に事業で成功していたとしても約1億6千万円の資産を残すのはかなり難しいと思います。またネット上にはFX(為替取引)をしているという情報もありましたので事業で得た資産をFXで増やしたのか、はたまた政治家である野田聖子さんの収入を使用したのかはわかりません。

 

元暴力団だった過去や逮捕歴での偏見かもしれませんが、何かしらブラックもしくはグレーの部分があるかもしれませんね。

 

野田聖子の夫には刺青がある?

 

野田聖子さんの夫木村文信さんに刺青があるかどうかはわかりませんでした。しかし、元暴力団員であり、しかも昔の暴力団員ですのでステータスのように刺青が入っている可能性は高いと思います。

 

しかし、これもまた偏見があるかもしれませんので、実際はわかりません。世の中には刺青が入っている人はたくさんいるので何とも思いませんが、刺青が入っているのなら子供に悪影響にならないようにしてほしいですね。

 

野田聖子本人もかなりのやり手だった!?イジメ加害者の過去とアメリカ隔離について…。

 

野田聖子さんは現在では政治家として注目を浴びる存在ですが、学生時代はイジメ加害者であり、学校を中退しアメリカへ行っています。その経歴を簡単にまとめます。

 

野田聖子さんは中高一貫である私立田園調布雙葉高等学校いわゆるお嬢様学校に中学時代から通っていました。野田さんはそこで番長的なポジションだったようです。

 

野田さんが行っていたイジメで「茶巾寿司」と言われるものがあり、制服のスカートをまくりあげ、頭頂部で結ぶ形が茶巾寿司に似ていることから名づけられたものです。中にはその状態で下着の下げるといったひどいイジメも行っていたとのことです。

 

このイジメを学校側が問題視し、野田聖子はイジメと校則違反のバイクの免許の取得で退学となりました。現代では大問題になるようなイジメネタですが、私立高校かつ昔だからか大きな問題にはならなかったようです。

 

その後はアメリカのミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクールに編入し、卒業しています。当然そこらの昔の高校が英語を話したり書いたりできるわけがないのに、翌年には同ハイスクールを卒業し、上智大学外国語学部比較文化学科に入学し、卒業をしています。

 

上智大学外国語学部と聞くと相当優秀ではないかと思ってしまうがそうではないようで、比較文化学科は帰国子女専用の学科であまり優秀ではないようです。しかし知らない人が聞けば優秀な帰国子女といった肩書となってしまいます。

 

過去には自身のホームページに経歴が記載されていたようですが現在は選挙当選からの記載しかありませんでした。

 

 

野田聖子さんは大学を卒業後、帝国ホテルに入社しましたが、入社して1年後養子となったことから野田姓となり、その3年後には岐阜県議会議員選挙に立候補し史上最年少で当選しています。

 

帝国ホテルでしっかり仕事していたかどうかわかりませんね、入社して数年の人間が会社を辞めて選挙に立候補して当選とはうまくいきすぎていると思います。イジメの話を聞くと何かしら大きな力が動いたのではないかと思ってしまいますね、、、

 

野田さんの経歴をまとめると

 

  • 1983年 上智大学外国語学部比較文化学科卒業
  • 1987年 岐阜県議会議員選挙当選
  • 1993年 第40回衆議院議員総選挙に当選
  • 1996年 第2次橋本内閣で郵政政務次官になる
  • 1998年 小渕内閣で閣僚史上最年少の37歳10か月で郵政大臣に抜擢
  • 2001年 当時保守党所属の参議院議員、鶴保庸介さんと事実婚を発表
  • 2007年 離別

 

野田さん自身努力したかもしれませんが、家系が良く経済的にも恵まれており、今では女性の社会進出が普及していますが、その先駆けとなったのが野田さんかもしれませんね。当時は社会的に女性を参加させる流れになっていたかもしれませんね。

 

まとめ

  • 野田聖子さんは、在日韓国人である木村文信さんを婿にもらい結婚しました。
  • 木村さんの本名は「金文信」で、韓国料理店を経営していましたが、野田さんとの結婚を機に閉店し専業主夫をしています。
  • 野田さんは人工授精で木村さんとの間に息子真輝君を授かりましたが重い障害があり、木村さんは真輝君と老人性うつを患った野田さんの母の介護をしています。
  • 木村さんは元暴力団員で会津小鉄会の幹部だったことと逮捕歴が2件あることが週刊文春により明らかとなりました。
  • 木村さんはハワイに1億5878万円の高級マンションを所有していました。
  • 野田さんにはかなりひどいイジメ加害者だった過去があり、アメリカに留学していました。
スポンサーリンク
おすすめの記事