美人女流棋士としてやタレントとしても活躍の幅を広げている竹俣紅さん。今回は竹俣さんの大学に関して、本命は東大だったとの噂や師匠の森内俊介破門されたとの噂、

 

出身校の早稲田大学での様子や、「性格悪そう」と言われてしまう理由とは何なのか、性格悪いエピソードなどを集めました!

 

竹俣紅の本命は東大だった?

 

美人女流棋士としてTVでも活動の幅を広げている竹俣さん。出身校としては早稲田大学になるのですが、実は東大狙いだったようなんです。

 

なんでも大学を選んだ基準が…

 

「学びたい学問が学べ、将棋が強い大学」

 

と言うのが判断基準だったらしく、そこで選んだのが、東京大学文科三類でした。略して「文三」なんて呼ばれていますね!

 

しかし、合格まではあと一歩届かず不合格。東京大学への進学は出来ませんでした。しかし、幼少期から将棋界でも注目されているのに、学問との両立は難しかったことでしょう。ましてや遊びなんて出来なかったんではないでしょうか?

 

早稲田大学の政治経済学部「政経」に進学!

 

残念ながら東京大学には進学できなかった竹俣さんですが、早稲田大学政治経済学部を受けて合格したんだそうです。

 

ちなみに先ほど出た竹俣さんの"学びたい学問"とは経済学の事なんでしょうか!だとしたらテレビタレントとして活躍していることにも納得はいきますね。

 

幼少期から凄かった!竹俣紅の学歴や戦歴は?

 

竹俣さんは現在ではテレビタレントとしても広く知られていますが、実は小学生の時にもTVに出演していたそうなんです。

 

出演していたテレビ番組は…

 

  • 「ネプ大リーグ」
  • 「ネプキッズリーグ」

 

更に、本業の将棋でも数々の偉業を成し遂げていますね。

 

  • 小2の時にプロとの読み比べに勝利し、珍事として習慣将棋に載り、話題となる。
  • 小4の時に第1回駒姫名人戦優勝
  • 松坂屋こども将棋大会高学年 準優勝
  • アマ女王戦ベスト4入り
  • 小5 赤旗名人戦 港区代表
  • 東京都大会ベスト16
  • 朝日アマ名人戦 関東予選で元奨励会三段に勝利
  • 全国オール学生ベスト32
  • 小6で小学生史上初 女流王将宣本線出場
  • 第5回白竜あゆみ杯争奪戦 決勝進出 男性棋士に角落で敗戦(半年間に5人の女流プロと公式戦 準公式戦で対局 4勝1敗)

 

小学生時代からとんでもない強さだったようですね!しかし竹俣さんの凄いところはこれ程将棋に打ち込んでいるのにもかかわらず勉学もおろそかにしていない所。

 

 

進学した中学校は渋谷教育学園渋谷中学校。ここの偏差値はおよそ73と言われています。かなり高い方ですよね。

 

この学校は中高一貫制で東京大学や京大などにも進学者を出している有名な進学校です。

 

  • 「自調自考」と「文武両道」の理念で、国際社会に対応できる人材の育成に力を入れている
  • 国内の高校別海外大学合格者数は全国1位
  • 一方で卒業生には柔道の元日本代表で北京オリンピック女子52kgで銅メダルを取った中村美里さんなどを輩出している

 

さらに本業でも結果を出し続けます。

 

  • 研修会C2で通算9勝3敗の成績を挙げてC1に昇級し、女流棋士3級に
  • 2012年10月1日付で、女流2級(プロ入り)

 

ちなみに高校も、中高一貫制なので同じ学校に通っていたそうです。高校時代にも勢いは衰えず結果を出し続けます。

 

  • 倉敷藤花戦ベスト8進出
  • 第一回女子将棋YAMADAチャレンジ杯 本線トーナメント2勝を上げ準優勝
  • 2015年公式戦の成績12勝9敗
  • 2016年4月1日付で女流初段へ昇段

 

これから大学進学のための約一年間の休業に入ることとなります。

 

主な出演番組

 

竹俣さんの主な出演番組です。

 

  • 潜在能力テスト(準レギュラー、フジテレビ)
  • ネプリーグ(2010年5月3日・2017年5月22日、フジテレビ)
  • 関ジャニ7(2014年8月4日、日本テレビ)
  • 行列のできる法律相談所[20](日本テレビ)
  • IQヴィーナス〜天才JK日本一決定戦〜(2015年12月30日、テレビ東京)
  • ワイドナショー(2016年1月31日 - 、フジテレビ)不定期出演
  • ダウンタウンタイムズ(2016年2月8日、日本テレビ)
  • ぴったんこカン・カン(2016年3月11日、TBSテレビ)
    くりぃむクイズ ミラクル9(2016年6月15日・9月14日・11月6日・2017年5月24日・6月14日・8月23日、テレビ朝日)
  • 林先生が驚く初耳学!(2016年6月18日、MBSテレビ)
  • くりぃむvs林修!早押しクイズサバイバー 2016夏(2016年6月29日、テレビ朝日)
  • 世界まる見え!テレビ特捜部(2016年8月29日、日本テレビ)
  • クイズプレゼンバラエティーQさま!!(2016年9月5日、テレビ朝日)
  • KING OF JAPAN (2016年9月25日、日本テレビ)
  • 古舘がニュースでは聞けなかった10大質問!!だから直接聞いてみた(2016年11月9日、TBSテレビ)
  • この差って何ですか?(2017年3月21日、TBSテレビ)
  • 有田哲平の夢なら醒めないで(2018年1月16日、TBS)
  • 東大王(2018年3月18日、TBSテレビ)
  • 車あるんですけど…?(2018年9月23日、テレビ東京)
  • ザ!モノシリスト(2018年10月7日、10月14日、BS朝日)

 

この他にもウェブテレビや将棋のテレビなどにも出演されております。

 

竹俣紅「東大王」出演時は絵画の問題がほとんど!?

 

竹俣さんが出演されているTBSの「東大王」と言う番組。実はこの出演時にはあることが話題になっているんです。

 

それが、「竹俣紅の問題の時だけ絵画ばかり」といったものでした。

 

これに対しての世間の声は…

 

  • まーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーじで竹俣紅さんの時絵画あたるのおかしいどうにかした方がいいよTBS
  • 竹俣紅との対戦はいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつも絵画の問題
  • 竹俣紅の時に毎回絵画の問題そう簡単に負けちゃテレビ的にってのもあるだろうけどセコすぎでしょ

 

と割と不満があるみたいです。制作側の意思なのかもしれませんね。そんなテレビでの活動を続けていることにキレた人物もいます。

 

竹俣紅と森内俊介の確執!破門疑惑の理由はジェネレーションギャップ!?

 

森内俊介と言えばあの永世七冠を達成した羽生善治と肩を並べると言われているほどの実力者。

 

竹俣さんは森内さんの弟子であるわけなのですが、森内さんは昔気質なタイプで、タレント活動にうつつを抜かしている竹俣さんにあまり良い気はしていないんだそうです。

 

そしてそんな現状がある事をマスコミ各社は放ってはいかないわけで、週刊文春により森内俊介棋士が激怒し「破門された」との報道があったんです。

 

 

そして森内さんが激怒したポイントがこちらだといわれております。

 

  • 芸能事務所と契約しタレント活動にうつつを抜かし、神聖な将棋をおろそかにしていたため
  • 将棋の指し手を記録する「記録係」を務めることを拒否したため

 

さらに、竹俣紅さんが休場を宣言した2016年4月1日に同時に芸能事務所渡辺エンターテインメントと契約している為に、森内棋士からしたら…

 

「将棋は休むのに芸能活動はするんかい!てか記録係もやらんかい!」

 

となったわけですね。

 

竹俣紅 母「ウチの子は○○○○じゃないの!!」

 

更にこの件に関しては竹俣さんの母親も登場しこんな事を言ったそうなんです。

 

「うちの子は記録係をするために将棋をしているんじゃない!」

 

と、かなり怒ってそうな感じですよね。これに対しての森内さんのコメントこそないものの、破門問題に関しては嘘か本当かは分からないといった状況ですね。

 

竹俣紅は性格悪そう?世間の声は?

 

竹俣さんの性格に関しては、先ほどの件で母親が出てきたことも関係しているかもしれませんが、世間では「性格悪いに違いない」などの意見があるようです。

 

ちなみに性格に関しては悪いと断定することは不可能でありますが、一つソレっぽいのを上げるとするとTVでの毒舌発言です。

 

この毒舌発言こそなかったものの、ネット上での毒舌発言はありました。

 

  • 女流棋士会長の『眠いです』というTwitterでの発言に対し『永眠して下さい』というリプライを送る
  • 炎上の事を『ネットキャンプファイヤー』と発言
  • 異性にもとめるのはATM機能と発現

 

文字なので本気かどうか分からないのがもったいないですがこの発言に対しても世間の意見は賛否両論なんだそうです。

 

まとめ

  • 本命は東大で合格したのは早稲田大学政治経済学部。
  • 幼少期から凄かった。
  • 「東大王」に関しては制作側の意思の可能性が高い。
  • 師匠森内俊介棋士に破門されたかどうかは不明だが、キレさせたのは本当。
  • 性格悪いのかどうかは不明だが毒舌発言はある。
おすすめの記事