今回はタレントでモデルの“吉川ひなのさん”が若かったころは可愛かったのか、またハーフなのかいじめられていた時の壮絶なエピソードについて調べてました。

 

それだけでなく、過去の吉川ひなのさんと現在の彼女の様子を比較した記事や最近の彼女が劣化しているのではないかという疑惑についての検証もありますのでぜひ最後まで読んでください。

 

吉川ひなのの(若い頃)は可愛い?~デビュー当時~

 

デビュー当時の彼女は、超美少女として世間を騒がせました。

 

彼女は、1991年、まだ12歳の頃に東京銀座でウィンドショッピングをしている時にスカウトされて芸能界に入りました。老舗百貨店伊勢丹の広告に抜擢されるほどの美少女でした。

 

 

わずか12歳で日本トップの百貨店の顔に抜擢されるなんてすごいと思います。この後も「セブンティーン」など有名女性誌の表紙などで活躍をします。

 

他にも若いころの彼女の写真があったのでアップロードしますが、やはり美少女です。

 

 

ハーフではないかという噂はデビュー当時からあったみたいですね!

 

歌手としても活躍していた!

 

90年代を代表する活躍だった吉川ひなのさんは歌手として活動していたこともありました。

 

97年「ハート型の涙」「ウサギちゃんSAY GOOD BYE」という楽曲を発表、98年には映画ドラえもんの主題歌になった「ホットミルク」を歌っていましたが、歌手としての活動は本人にとっても周囲にとってもあまりいい思い出ではなかったようです。

 

2018年714日に放送された「ダウンタウンなう」に出演した時、歌手について

 

「あまりにも迷惑かなって辞めました」と語っていました。

 

 

さらに同番組では口パクしていたことを明らかにして

 

『吉川によると、自分ではきちんと歌っていると思って、歌の終わりに「ありがとうございました」と言ったら、マイクが入っていなかったことがあったという。

 

吉川は「私、口パクしていたのか…って。大人の配慮だと思うんですけれど、傷つけないように」と語った。』

 

と言っていました。しかし、そんな彼女の曲が好きだったという人もいるようです。彼女が出した「ハート型の涙」に対してファンのコメントは…。

 

「超下手ですがクセになる歌なんですよね~ でもいい曲です。」

 

と評価されていますし、旧2ちゃんねること5ちゃんねらーからは

 

YouTubeにあるやつ、聞いてみたら癖になる歌だったw今なら売れそう」「今なら“きゃりーぱみゅぱみゅ”みたいに売れたかもな」

 

と今の時代になら通じるのではとの意見もありました。いずれにせよ、本人は恥ずかしがっているので歌手再デビューの可能性はまずないでしょう。

 

パリコレにも出演!

 

モデル経験もある吉川ひなのさんですが、有名なパリコレにも出演したことがあります。

 

2004年、25歳のときに世界的なファッションデザイナー桂由美さんの『YUMI KATSURA』コレクションでゲストとして出演しました。

 

「キレイなドレスでとても嬉しい! 本職のモデルさんに負けないよう、ウォーキングを練習しています」

 

とコメントをしていてかなり気合が入っていた様子です。

 

吉川ひなのの生い立ちは?出身/学歴/兄弟姉妹はいる?

 

吉川ひなのさんにはお兄さんがいます。お兄さんの名前は高田一也さん、1970年生まれの現在49歳です。

 

吉川ひなのさんとは9歳違いですね。実はお兄さんも芸能人だったことがあり、かつてヴィジュアル系バンド「Die:SEXION」のメンバーだったそうです。

 

 

お兄さんの身長177cmに対して体重50kgしかなかったそうです。若いころも中々美系ですね。ところが、このバンド活動はあまりヒットせずにかなり苦しかったそうです。

 

引退時の兄のコメントです。

 

「ミュージシャンは小さい頃からずっと僕の夢だったんです。もともと、一つのことに没頭してしまうタイプなので、ずっとバンドのことしか考えずに生きてきました。

 

でも、やっているうちに自分の才能の無さを痛感させられまして。いろいろと考えましたが、引退を決意しました。

 

周りのバンドが次々とメジャーデビューしていく中、我も続かんとガムシャラに頑張っていましたから、音楽界から身を引くという決断は、やはりつらかったですね。

 

ちょうどその頃、妹は芸能の表舞台で活躍していましたから、一層みじめでしたね」

 

音楽業界から引退した後、自分の貧弱な身体を肉体改造をしようと考え、ボディビルにハマっていったそうです。そして、ちょっと体を鍛えるはずが気づけばボディビルダーになるレベルになっていったそうです。

 

 

そして複数のボディービル大会で優勝するほどのビルダーになりました。その後、ジムで働くようになり2011年には独立して「Tragis」というジムを設立しました。

 

また吉川ひなのさんの話だとお姉さんも居るそうです。しかし、お姉さんの詳しい情報は明らかにはなっていませんでした。

 

吉川ひなのさんの出身地はどこでしょう?東京都東久留米市出身だそうです。出身の小学校や中学校、高校の情報はどこでしょうか?

 

小学校はどこ出身なのか、と思い検索してみたところ某SNSサイトのコミュニティで以下のような書き込みがありました。

 

 

「中村けんごは久留米高校で、よしかわひなのは五小ですよ」

 

どうやら吉川ひなのさんの出身小学校は東久留米市立第五小学校のようです。。しかし、同サイトの別のコミュニティでは以下のような書き込みがありました。

 

南町小学校南中出身桜がきれいな事覚えてます。先生は小学校は佐藤先生かなあ。吉川ひなの同じクラスでした。」

 

つまり、南町小学校かもしれないという訳です。南町小と第五小は、距離にして1キロ足らずです。

 

どちらにしても残念ながら小学校がどこであったか明確には解りませんでした。また、同じmixiのコミュニティには以下のようなコメントがありました。

 

 

「ひなのちゃんは南中ですよ。合唱コンクールのとき見た!一人だけ体型が日本人離れしてるのー。印象的だった。前髪ぱっつんだった。」

 

つまり出身小学校は東久留米市立第五小学校か南町小学校で出身中学は東久留米市立南中学校とみて間違いないでしょう。残念ながら、出身高校、大学の情報、最終学歴の情報は解りませんでした。

 

「純日本人です」→「実は…○○」吉川ひなのはハーフなの?

 

吉川ひなのさんは今まで日本人であるといっていましたが、本当は純粋な日本人ではなくハーフでした。

 

それまでテレビで指摘された時「純日本人」ですと強く否定していましたが、2009年に吉川ひなのさんの兄の高田一也さんが

 

“何回か書いてるけど、僕はインデェアン系アメリカ、フランス、日本の血が混ざっている。正確には祖父の国籍がアメリカなのでアメリカと日本のクウォーターと言う事になる。”

 

と話しています。吉川ひなのさんも2015年に出したエッセイ「ずっと途中」の中で「お爺ちゃんは外国人」というコラムを書いています。

 

その中で祖父がネイティブアメリカンとの混血であったことを明かしています。しかし事務所からは彼女がクウォーターであることについては「言っちゃダメだよ」と口止めをされていたそうです。

 

学生時代はイジメられていた!?

 

吉川ひなのさんは子供のころ、イジメられていたそうですエッセイ「ずっと途中」の中で小学生の頃に他の生徒に卵を投げられた事があったと書いています。

 

また子供のころは「家族」という言葉が好きではなかったと自身でも語っていました。さらに、お兄さんも子供のころはいじめを受けていたと自身でも明かしています。

 

ハーフとか、クウォーターとかは、今でこそ良い感じで捉えられる事が多くなりましたが、子供の頃は結構差別的な扱いを受け意地悪されたようです。

 

未確認の情報ですが、ひなのさんがいじめられていたらお兄さんが助けに行っていたという話がありますが真偽については不明です。

 

吉川ひなのの現在は?劣化が凄かった少し前…

 

以前は劣化が凄まじいと世間から言われた吉川ひなのさんですが、今はもとの美人に戻っている感じです。一部では

 

“まあ、インスタグラムの写真は加工できますからそれでもちろんシワなど気になるところは隠しているのでしょう。”

 

というような声もあります。というのも、少し前の彼女がかなりひどい劣化した状況でしたので、多くのファンを心配させましたと言う事があったからです。

 

”グータンヌーボ”出演時に「劣化がヒドイ」との声

 

2009年に放送された「グータンヌーボ」に出演した吉川ひなのさん。そのあまりにもの変貌ぶりに多くの視聴者やネット住民を驚かせたようです。

 

当時の2ちゃんねるでも多くのユーザーが驚いたらしく、「ニュース速報板」で彼女の様子が話題になった時には懸念のコメントがあがっていたようです。

 

「アウト×デラックス」出演時

 

201311月28日に放送された「アウトデラックス」に出演した彼女をめぐってはネット上で話題になりました、

 

放送の中で結婚式に対しての尋常ではない深いこだわりを語っています。その内容に司会のマツコデラックスもあきれていましたが、彼女自身でもハワイウェディングをプロデュースしています。

 

また番組内では彼女に対して

 

「子ども産んだとは思えないわね」「かわいいね、相変わらず」

 

 

とマツコさんから称賛されていましたが、一部ネット内では「目の下のくまがヤバい」「口元のあたりに年を感じるな」と彼女の劣化を指摘していました。

 

しかしその反面、

 

「劣化どころかめちゃくちゃ可愛いじゃん。キャピキャピしてた若いころよりも好きだわ。」

 

と言うように今でも美人だという声もありました。個人的にはやはりこの程度で劣化したと言うのは納得できないものがあります。

 

「おしゃれイズム」出演時

 

2013年12月に出演した「おしゃれイズム」では、彼女の姿はさらに「劣化したのではないか?」とネットで評判になりました。

 

「おしゃれイズムに吉川ひなの出てたけど劣化が...Cutieとか出てた時カミサマーやったのになぁ」

 

という声もあり、若いころと比較して老けてしまった彼女の現状を嘆くファンの声がありました。

 

現在はヨガ効果で昔の輝きを取り戻した!?

 

2009年以降から劣化していると言われていた吉川ひなのさんですが、近年は美人であるという再評価につながっています。

 

実はそれはヨガの影響だといわれています。

 

いわゆる「吉川ひなの 劣化」という言われ方をするきっかけになったのが2009年の「グータンヌーボ」に出演した時に撮られた写真がきっかけです。

 

しかし2012年以降はそういう声がなくなっていきました。

 

 

10代の頃からヨガをしていたそうですが、本格的に始めたのは2012年以降だそうです。つまり、ヨガがきっかけで再び美貌を取り戻したと思われます。

 

今、ヨガを学んでいるハリウッドの女優やセレブ等は多く、健康療法・美容を保つ方法の一つとしてかなり研究されています。

 

彼女は2016年にヨガインストラクター資格である「RYS200」を所得して、20174月にはヨガ界に貢献した女性に贈られる「ベストオブヨギーニ」の賞を受賞しました。

 

まとめ

今回わかった情報をまとめると以下のようになります。

 

・若いころは美少女でかわいい。

・子供のころはクォーターということでいじめられていた。

・一時は劣化していたがヨガを取り入れることで美人に戻った。

 

これからも吉川ひなのさんの活躍に注目ですね!

おすすめの記事